<<戻る  
 
 
ここでは、簡単な直角R曲げの伸びしろ量を考慮した展開寸法の、出し方を記載します。

直角R曲げでの、知りたい数値は、R部分を平面状に展開したらどれほどの長さになるかと言うことになります。 一般に外側は伸び、内側は縮み、伸縮しない中立軸はt/3とされています。

今から示す数式は、Rの大きさ、板厚がどのように変化しても係数1.57を掛けることによって求められます。

L={(t/3+R)×2π}/4=(t/3+R)×(π/2)=(t/3+R)×1.57

直線に伸ばしたR部の長さは、
L=(t/3+R)×1.57
の式で求められます。
(折り曲げ線は、R部の中心です。 )
 

   
展開数値早見表
R t 0.5 0.8 1.0 1.2 1.5 2.0 2.5 3.0 4.0
2.0 3.40 3.55 3.66 3.77 3.93 4.19 4.44 4.71 5.23
2.5 4.18 4.33 4.44 4.55 4.71 4.97 5.23 5.49 6.01
3.0 4.97 5.12 5.23 5.34 5.50 5.76 6.01 6.28 6.79
3.5 5.75 5.90 6.01 6.12 6.28 6.55 6.79 7.06 7.57
4.0 6.54 6.69 6.80 6.91 7.07 7.32 7.59 7.85 8.37
4.5 7.33 7.49 7.58 7.69 7.85 8.10 8.37 8.63 9.15
5.0 8.11 8.27 8.37 8.48 8.64 8.89 9.16 9.42 9.94
5.5 8.89 9.05 9.15 9.26 9.42 9.67 9.94 10.20 10.72
6.0 9.68 9.84 9.94 10.05 10.21 10.46 10.73 10.99 11.51
6.5 10.47 10.62 10.72 10.83 10.99 11.24 11.51 11.77 12.29
7.0 11.25 11.41 11.51 11.62 11.78 12.03 12.30 12.56 13.08
7.5 12.04 12.19 12.29 12.40 12.56 12.81 13.08 13.34 13.85
8.0 12.82 12.98 13.08 13.19 13.35 13.60 13.87 14.13 14.65
8.5 13.61 13.76 13.86 13.97 14.13 14.38 14.65 14.91 15.43
9.0 14.39 14.55 14.65 14.78 14.92 15.17 15.44 15.70 16.22
9.5 15.18 15.33 15.43 15.54 15.70 15.95 16.22 16.48 17.00
10.0 15.96 16.12 16.22 16.33 16.49 16.74 17.01 17.26 17.78

以上のことは、金型の工法その他の諸条件によって異なることがあります
 
 
会社案内テクノロジーISO豆知識リクルート新着情報リンク
Copyright(c) 2009 C-COM CO.,LTD. All rights reserved.