国際標準化機構(ISO)の品質保証規格である「ISO9000シリーズ」とは、工場や事業所の品質管理システムそのものを第三者(審査登録機関)が検査し、品質保証システムが適切に機能していることを制度的に保証することです。 製品それ自体の形状や材質、信頼性を保証する日本工業規格のJISマーク表示許可制度とは異なり、品質管理のシステムそのものを評価します。 1970年代欧米諸国では、品質管理システムを向上させることにより企業の競争力を強め、同時に製品の信頼性・安全性の確立を目指しました。 その後、国ごとにバラバラだった規格を共通化しようと言う動きが強まり、87年に英米規格をベースに制定されたのが「ISO9000」です。 EC域内での商取引には、この規格の取得が必要条件とされている場合が多いため、わが国企業も一斉にその取得を始めています。 「ISO9000シリーズ」の認証取得は、PL訴訟への対応やトラブル防止の上でも強力な武器になるメリットが認識されています。
(現代用語の基礎知識2003より)
 
 
登録証
 
品質方針
 
ISO9000とともに製品自体でなく、製品提供の過程に関する規格であるが、ISO14000シリーズは環境に関する基準です。 原料の調達、生産、販売、リサイクルなど企業活動のあらゆる面で環境への影響を評価・点検し、改善を進めるための指針。 この国際基準に準拠する日本工業規格として、工業技術院が1996(平成8)年10月に環境JIS/JISQ(ABC順のQ番)14000を制定しました。 ISOそのものに強制力はありませんが、業界標準として採用されたり政府調達の際の条件となる場合が多く、企業は事実上取得を義務づけられています。 また、世界的に環境問題への関心が高まる中で、環境ISOをめぐる関連ビジネスの動きも強まっています。
ISO14001は環境マネジメントシステムに関する規格です。 企業が生産・サービス・経営を行うにあたって、環境対応の立案・運用・点検・見直し等の環境管理・監査システムの整備状況を審査し、基準をクリアした企業に発行されます。
(現代用語の基礎知識2003より)
 
登録証
 
環境方針
 
環境報告書
 
 
 
米国及び欧州の航空宇宙産業において、品質管理のバイブルであったMIL- Q- 9858A の廃止に伴い、新しい航空宇宙産業の統一規格の作成が模索されていましたが、1998 年12 月に世界の主要な航空宇宙関係企業によりIAQG が設立され、品質マネジメントシステムの国際的な統一化が図られて来ました。
日本においても、品質保証の制度や手順の国際的な統一及び普及等の活動を通じて品質の向上及び業務の効率化を図ることを目的として、社団法人日本航空宇宙工業会(SJAC)に航空宇宙品質センター(JAQG)が設立され、IAQG にも加盟し、品質マネジメントシステム規格の世界標準化が図られています。 その結果、航空宇宙産業向け品質マネジメントシステム規格としてJIS Q 9100 が2000 年に制定されました。

登録証


 Nadcapとは、航空宇宙・防衛部品製造において、世界的に統一した基準による特殊工程管理を実施することで、 全てのサプライヤーの品質を維持することを目的とした国際認証プログラム。 特殊工程とは、「製造およびサービス提供の過程で生じるアウトプットが、それ以降の審査及び測定で検証することが可能な場合(製品が使用されサービスが提供された後でしか不具合 が顕在化しない場合)」の作業工程を言い、具体的には溶接、熱処、表面処理、非破壊検査、ショットピーニングなどが該当する。 Nadcapはその製造およびサービスのプロセスの妥当性を確認するため、工程を承認する制度である。   Nadcap 発足以前、各完成機メーカー等(プライム企業)は、独自に自社サプライヤーを独自のプロセス要件により審査し、合意事項を検証していたが審査の不要な重複、作業負荷や費用負担をもたらしていた。 そこで、1990 年7 月に、非営利団体PRI(Performance Review Institute)が設立された。以降、現在に至るまで、PRIは、プライムの代理人としてNadcap認証の審査等の管理運営業務を行っている。   PRIの本部は米国ペンシルバニア州であるが、航空機産業化のグローバル化の進展とともに、各地域における審査に対応するため、地域事務所が設置されている  (2000年に欧州(ロンドン市)に、2004年に中国(北京市)に、2005年に日本(愛知県)に設置された)。

登録証

会社案内テクノロジーISO豆知識リクルート新着情報リンク
Copyright(c) 2009 C-COM CO.,LTD. All rights reserved.